Restaurantむとうのブログ

■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<前月 2018年01月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■

 

バリスタ永戸の コーヒーを楽しく♪ その3
バリスタの永戸さん(こちら)による、
コーヒーについてのお話

今日は第3回 
「イタリア系カフェとシアトル系カフェの違い」 です

 ぜひ、先に
  第2回「美味しいエスプレッソ」(こちら)をご覧下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第3話  イタリア系カフェとシアトル系カフェの違い

皆さん、こんにちは
このブログも3回目に入りましたが、
その後のコーヒー生活は楽しんでいらっしゃいますか?

さて、今回は
イタリア系カフェとシアトル系カフェの違いです

「イタリアもシアトルも一緒やん!
場所が違うだけ、ご当地みたいなもんちゃうん?」

とお思いかもしれませんが・・・

まったく違います!

今回はその辺をわかりやすくお話しますね

まず、一番の違いは
テイクアウトができるのはシアトル系だけです

近年人気のある緑のマークのあのカフェや、
赤いマークのあのカフェもシアトル系です

なぜかと言うと
イタリア系は紙コップでのサービスを認めていないんです

前回もお話ししたように、
「サーブしてから30秒以内に提供し、1分以内に飲み干す。」
これがイタリア系の基本だからです

それと陶器でのサーブを基本としています

他には・・・

まずシアトル系
*1つの注文に対して、サイズが選べる(S、M、L・・・)
*使用する豆のロースト(焙煎)具合はフレンチロースト中心
*豆のブレンドはアラビカ種100%
*セルフサービス
*マシンの裏側がお客様に見えるように設置され、
手元が見えないようになっている
*アルバイトでも(専門家でなくても)できる

イタリア系は
*注文のサイズは決まっている(150〜180ml)
*豆のロースト(焙煎)具合はシティーロースト中心
*ブレンドは5種類以上でロブスタ種も含まれる
*カウンターで立ち飲みが基本、
テーブルを利用すると価格が上がるところも・・・
*マシンの表側がお客様に見えるように設置され、
手元が見えるようになっている
*男性が多く、専門家でなければいけない

ほぼ真逆ですよね

詳しく説明します

豆のロースト具合ですが、
シアトル系のフレンチローストは
強い苦味と独特の香りを楽しむことができる煎り具合で、
牛乳にも負けない強さがあるので
アレンジメニューに向いています

シアトル系はあまりエスプレッソのみで飲むことはありません
必ず牛乳で割って飲みます
なので 牛乳に負けないくらいの少し苦めのものを使うんですね

イタリア系のシティーローストは最も基準的な煎り具合
一般的で最も需要のあるものです
エスプレッソは深入りでは?と思われるかも知れませんが、
前回お話ししたように、
イタリアの方は1日に何度も飲みに来るので
これくらいのローストで十分なんだそうです

見た目の違いをカプチーノで例えると

シアトル系は
フォームミルクをスプーンを使って盛り上げて作り、
ミルクがたくさん入ります
エスプレッソは30mlと少し多め(ミルクに負けない為です)
スチームミルクとフォームミルクの比率は1:1が一般的で、
スプーンを使ってフォームの量を調整できるので
バリスタによる差異はなくなります
Sサイズで240ml程度



イタリア系は
フォームミルクはクリーミーに作り
盛り上げて作ったりはしません
エスプレッソは地域によって変わりますが20ml〜30ml
ミルクの注ぎ方によってはデザインもできますが
注ぐ技術によってはフォームの量に差が出やすいこともあります
(なので専門家でないといけないんですね)
フォームは約1cmほどの厚みがあればよいとされています
大体150ml〜180ml



皆さんも思い当たるところがいくつかあると思いますが、
見た目でもなんとなーく分かりましたか?

今度、どこかのカフェに入ることがあれば
店内を見渡してみてください

今回の内容を思い出しながら見てみると
案外面白いかもしれませんよ!

ちなみに・・・
イタリアのカフェにはカフェラテはありません

カフェラテは
家で飲むものとされていてお店にはおかないんです

もちろん作ってと言われれば作ってくれますけどね

今回はここまで!
次回は・・・何にしようかな〜

お楽しみに

         レストランむとう バリスタ  永戸 明子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シアトル系…って、

うわーっ ご指摘の通り!
ご当地もの のように思ってました

イタリア系とこうやって比べてもらうと
全然違うんですね!!!

前回の内容を思い出しながら読むと、
なるほど〜〜〜と思えることばかり…

しかも、
カプチーノの写真で見ると一目瞭然ですね

うーん。次回も楽しみです!!!

永戸さんのエスプレッソ、カプチーノ、カフェラテ…
是非 飲みにいらして下さいね☆

| コーヒー豆知識 | 05:36 PM | comments (x) | trackback (x) |

*