Restaurantむとうのブログ

■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<前月 2018年01月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■

 

バリスタ永戸の コーヒーを楽しく♪ その4
バリスタの永戸さん(こちら)による、
コーヒーについてのお話

今日は第4回 
「カプチーノにカプチーノ専用のカップがある理由」 です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第4話  カプチーノにカプチーノ専用のカップがある理由


ご無沙汰しております。バリスタの永戸です

早速今回の話題に入りましょう
今回はカプチーノカップの不思議です

私は出勤してから必ず飲む飲み物があります
それはエスプレッソとカプチーノです

エスプレッソは
その日の豆の状態やマシンの状態を把握するために一番初めに飲みます

それからホールの準備など一段落したらカプチーノを入れます

少し苦めのエスプレッソに温かいフワフワの牛乳のカプチーノは
朝からHAPPYになれます

しかし・・・・・
たま〜にカップが暖まっていないときがあるんです(涙)

そんな時はいつもと違うカップで飲むんですが、
やっぱりいつもの味と違うんですね

それはカップの形や厚みに関係しているんです

左右比べてみて下さい



まずは底の丸み

エスプレッソは細い糸のようにマシンから抽出されます
そのときに 右のような平底のカップだとビタビタと底に落ちていき、
エスプレッソの旨味を全て弾いてしまいます
クレマも台無し 表面につやもありません



一方、左の丸底カップだと
カップのハダをなぞるように す〜っとまわるように落ちていきます
クレマはきれいな厚みを保ち旨味をそのまま閉じ込めています



クレマとは、
エスプレッソを抽出した際に表面に浮かぶ明るい茶色の層のことで、
香りを閉じ込めたり、保温したり、
口当たりを柔らかくするなどの効果があります

このクレマがつぶれてしまっていると
フワフワの牛乳を注いでもきれいに見えませんよね

やっぱり丸底のカップのほうに全体的に柔らかさを感じます



口に入れるときはどうでしょう

口が開いているカップは
上層のフワフワの泡よりも下層の液体の方が先に出てきてしまい、
泡だけが残ってしまいます
終わりの方には口の中が泡でボソボソする感じがします



一方、口のすぼんでいるカップは
上層の泡と下層の液体が
程よい割合で一緒に口の中に入るようになっています

このときが一番美味しく感じられます

最後の一滴まで
泡と液体がきちんと口の中で混ざり合うようでなければ
美味しいとは感じられないんですね



次はカップの厚み

最初の写真を見比べるとカップの厚みが違うことがわかります

この厚みも
上層の泡と下層の液体が程よく混ざり合うために作られています

それに、この厚みがあることで
冷めにくく泡もつぶれにくい長持ちするようになっているんですよ


今日はここまで!
簡単に済ませてしまいましたが、何とな〜くわかりましたか?

次回は、エスプレッソ、カップときたので・・・
水や牛乳のお話をしようと思います

         レストランむとう バリスタ  永戸 明子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なるほどーー!!

やっぱりカップはとっても大切なんですね

ちなみに、むとうのカップは
バリスタ永戸さんが選び出したもの(こちら

むとうオリジナルの王冠マーク入りです☆

永戸さんのエスプレッソ、カプチーノ、カフェラテ…
是非 飲みにいらして下さいね!

| コーヒー豆知識 | 06:06 PM | comments (x) | trackback (x) |

*